前へ
次へ

転職の営業求人で個人営業と法人営業

営業は自社の商品やサービスを顧客に売り込む仕事です。
テレビコマーシャルで宣伝されているような商品などなら営業活動は不要と感じるかもしれませんが、もちろんそれらの商品を販売している会社でも営業職はいるでしょう。
これまで営業職として頑張ってきてさらにスキルアップしたいと転職のために営業求人を探す人がいますが、その時求人情報を見間違えると失敗しかねないので注意しましょう。
営業の仕事の分け方として個人営業と法人営業があります。
個人営業は個人に対して販売や案内をする仕事になります。
身近なのは商店における販売員になりますがそれらはアルバイトやパートなどが多いでしょう。
正社員として個人営業をしているとなると金融商品や自動車の他不動産などがあるかもしれません。
店舗を構えてお客さんを待って商品を案内することもあれば、既存顧客や新規の顧客の家を訪ねて営業活動をすることもあります。
法人営業に比べると一件当たりの売上は少ないものの顧客に感謝されやすい仕事と言えそうです。
一方法人営業は法人に対して販売などを行う仕事で、営業求人においては個人営業よりも多く出ているかもしれません。
最終的に個人に販売するような商品でも一旦卸や販売店を通すことがあります。
日用品や食品などが該当しますが、これらを扱う会社の営業も法人営業になるでしょう。
販売先にもよりますが一件当たりの売上が多くなるので数字上のやりがいを感じやすいと言えます。
いかにビジネスとして割り切れるかが大事になってくると言えるでしょう。
転職をするときには同じ種類の会社に行くこともあれば、個人営業から法人営業やその逆もあります。
種類が異なる営業職に応募するときには仕事のやり方が変わることを知っておく必要があるでしょう。
会社によっては一つの会社内に個人営業部門と法人営業部門があり配属がどちらになるかわからないときもあります。
どうしても個人営業をしたい、法人営業をしたいとの希望を持っているならそれぞれの営業部門しかないところを応募した方がいいでしょう。

none

Page Top